買取方法どれにする?!持込・出張・宅配の長所と短所

持込・出張・宅配の長所と短所を見極める

買取の方法には店舗持込・出張・宅配と選択肢があります。査定額に関しては業者や商品によって異なりますが、買取の方法次第で得をしたり損をしたりしますから、それぞれのメリット・デメリットを見極めて自分に合った買取方法を選びましょう。

持込・出張・宅配での注意点

持込・出張・宅配での注意点としては、すべての買取業者がこれらの買取方法が行えるわけではというところでしょう。そのため、どれが一番ベストな買取方法なのかというのは一概には言い切れないのです。サービス内容も業者によって違いますから、利用する買取業者の利用基準をしっかり確認してからにしましょう。また同じ業者でも、持込・出張・宅配それぞれ買取金額が異なる場合もありますので注意しましょう。

持込・出張・宅配の長所・短所とは

長所

それぞれ長所が違いますが出張・宅配の場合は、自宅に居ながら買取ができるということです。送料もほとんどの場合、業者側が負担してくれるのでかかる費用もありません。持込の場合は、1点からでも買取してもらえるというところでしょう。そして査定額に納得がいかなければ持ち帰ってきても問題ありません。持込・出張・宅配とバリエーションがありますから、自分の好みの方法を利用できるのもメリットでしょう。

短所

出張・宅配の場合、商品や業者によっても異なりますが最低買取点数が決まっていることが多いです。特に本・雑誌類だと20~30点からというところがほとんどです。そして、もし返品する場合にはお客様負担での返送となるのです。また個々の買取額もわからないのもデメリットでしょう。一方で店舗持込の場合は、近くに店舗がないと交通費などが意外とかかってしまいますし、大きい商品だと持っていくのが大変です。店員に売る商品を見られるのも嫌だという人もいます。

選択は一つじゃない。やりやすい方法で買い取ってもらおう

持込・出張・宅配といろいろ買取方法はありますが、一つに固執する必要はないのではないでしょうか。また、買取業者も1社に限定しなくてもいいかもしれませんね。近くに店舗がないなら、本はココの宅配買取、持ち運びやすいCD・DVDは出先で店舗買取してもらったり。ただ、その業者の特徴はしっかり把握しておく必要はあります。何系のジャンルに強い業者なのか、ココは宅配買取に力を入れているとか、キャンペーンを多くやっているから常にチェックとか。

PAGE TOP