• TOP
  • » 純金でできた朱肉入れの買取の注意点

貴金属の買取処分方法

純金でできた朱肉入れの買取の注意点

金の朱肉入れが買取前に純金か確認できるのか

金製の朱肉入れというのを記念品で貰ったことのある人もいると思います。その殆どが金メッキということですが、これは意外と使う機会が少なく、どちらかというともらった状態のまま箱に入れてしまっているという人も少なくないでしょう。

一見金なので、最近の金の相場の高騰にあやかって金の朱肉入れを買取に出したいと思う人も多いかもしれません。しかし、本当に純金かどうかを買取に持っていく前に確認する方法もあります。この方法を知ることで、金の朱肉入れの買取価値を事前に判断することができます。

きらきら光る朱肉入れというのは、何とも高級感があるものですが、あまり普段は派手すぎて使えないという人も多く、不要だと思っている人も少なくありません。記念品としてもらった経験が有る人も多いと思いますが、余り実用的なものではないのが実態でしょう。

最近は金の買取価格が急騰していることもあり、金の朱肉入れを使わないのだから買取に出してしまおうと考える人も少なくないと思いますが、実はこの金の朱肉入れは、その殆どが純金ではない可能性が高いのです。その理由は、第一に金はこのような工芸品にはあまり向かない性質の金属で有ることが挙げられます。

金という金属は金属としては柔らかく、強い力で曲がったり、欠けたりしてしまいます。その為、金は加工をするものには不向きであるという点があります。もう一つは、特に記念品などで貰うものに純金を使う理由がない、ということです。

高級感を出すだけなら金メッキで十分です。買取依頼前に純金であるかどうかを確認する方法のひとつとしては、裏面などにある刻印を見ることです。24KGPという刻印がもしあるのであれば、これは金メッキの証明です。このような金の朱肉入れは買取に持って行ってもメッキですと言って断られてしまうので注意が必要です。



PAGE TOP