• TOP
  • » 茶道具の付属品が買取額に影響すること

貴金属の買取処分方法

茶道具の付属品が買取額に影響すること

茶道具を買取依頼する際は付属品も忘れずに

茶道具とは、茶道に用いる道具類の総称で、茶器や茶碗、柄杓等の様々な種類があります。それぞれに名前が知れ渡っている高級品が存在しており、多くの愛好家が存在しています。このために、買取業者を利用する事により現金と交換できます。

ブランドや保存状況と共に査定に影響するのが、付属品の有無です。これは、買取というサービスの根本的な問題と関係しています。確かな品物であるという事を証明できる場合と出来ない場合とでは、買取査定額は異なる事になります。

茶道は、平安時代に遣唐使により伝えられたお茶の文化を元にして、長い時間をかけて完成された儀式です。様々な流派が存在しており、多様な種類の茶道具が使用されています。海外にも多数の愛好家が存在しており、国内のみならず国際的にも需要があります。

このために、使わなくなった茶道具の場合は、買取業者を利用する事が出来ます。買取業者ごとに独自のサービスを用意しており、出張や宅配、インターネットからの申し込みにも対応しています。査定のポイントとなるのは、茶道具本来の値打ちや保存状態と共に、付属品の有無は非常に重要です。

これがあるという事は、確実に購入した茶道具であるという事が証明できるからです。買取サービスは、古物営業法という法律に基づいて業務が行われています。

この法律は、盗品の売買の防止と迅速な犯罪の解決を目的として施行されています。特に、古い歴史を持っている茶道具の場合は盗品が紛れ込む可能性が高くなるので、品質が確かであるという事を証明できる場合は、高い評価を獲得できます。

このために、茶道具の買取依頼をする際には、付属品を保有している場合は忘れずに提出しなくてはなりません。それだけで査定額に大きな違いが生じるからです。



PAGE TOP