• TOP
  • » ペンダント素材がプラチナなら買取へ

貴金属の買取処分方法

ペンダント素材がプラチナなら買取へ

プラチナペンダントでダイヤ付きだと買取値は高くなるのか

街中で見かける貴金属の買取商の中には金やプラチナを高価買取するというサービスを展開しているケースが少なくありません。

もし手元にダイヤ付きのプラチナペンダントがあった場合、そのペンダントを売ろうとしても一般的にはダイヤの価格を折り込んで買取価格をつけてくれるケースは多くないと考えられます。

その理由としては多くの業者はプラチナなどの貴金属に限って販売ルートを持っており、一品物であるダイヤなどに対応していないことが多いからなのです。

プラチナなどでできたペンダントを買取商に持ち込んだ場合、それがどのような状態であったとしても買取を行ってもらうことは可能です。たとえペンダントが壊れていても、汚れていても基本的には関係が無いのです。

その理由としてはこの様な業者が求めているのは貴金属としてのプラチナであり、溶かして固めてしまえば同じであると考えるからなのです。従って売りに出されたペンダントにダイヤが収まっていたとしても、その価値まで判断して上乗せしてくれることを期待するのは難しいでしょう。

そのまま引き渡すことも出来ますが、必要があれば取り外すことも出来るかもしれません。いずれにしてもダイヤ付きペンダントであってもなくても買取価格には影響しないのです。しかしダイヤに価値が無いかと言えば決してそのようなことはありません。

近年では宝飾品の需要が増しており、良質のダイヤの数は常に不足しています。そのため既に宝飾品に用いられていた良質のダイヤを専門に買取る業者も存在しているのです。

その様な業者であればダイヤモンドの形や大きさに基づいて買取を行うことができるでしょう。貴金属の業者がたまたまダイヤも取り扱うことができる場合に限って、金額に差が出てくるということはあるかもしれません。



PAGE TOP