• TOP
  • » 万年筆の先だけ買取してくれる精製分析

貴金属の買取処分方法

万年筆の先だけ買取してくれる精製分析

使えなくなった万年筆の先も買取業者で精製分析を

万年筆はあまり使う機会が少なくなり、インクづまりなどで使えなくなった万年筆を持っている人もおおいでしょう。かといってそのまま捨ててしまう前に、まずはペン先を確認してみましょう。もし金であれば、高く買取ってくれる可能性もあるのです。

万年筆の先が金であれば、まずは買取業者に持って行って精製分析を行うことをお勧めします。現在金は非常に高額で取引されており、万年筆の先でも高額で買取してくれる場合があります。使えない万年筆の先が思わぬ価値を生むかもしれないからです。

万年筆の先には純金がつかわれている場合があります。これは金が非常に安定した金属であることと、金の持つしなやかさが字を書くのに適しているからです。その為昔の万年筆はそのペン先が金でできているものがほとんどで、また高級なものでした。

現在では金属加工の技術が進み、アルミなどの金属で万年筆の先を作る技術が発達し安価な万年筆も多数出回るようになりましたが、本来は金でできたペン先が本来の万年筆だったのです。

万年筆はペン先にインクを供給して字を書く仕組みですが、そのペン先が傷んでくるとインクが正常に供給されなくなるため、万年筆の先としての寿命は終わってしまいます。しかし、現在金の価値が非常に高いため、使えない金のペン先を高額で買取る業者が増えています。

しかし純金でないとその価値はないため、買取業者では純金であるかどうかの精製分析を行っています。この精製分析を行うことで純金であるかどうかを判断し、純金であればその相場で買取ってくれます。その為、金のペン先が思わぬ価値を生む可能性があるのです。

使わない金の万年筆の先を持っている場合には捨てずに、まずは精製分析をしてもらいましょう。そうすることで不要になったペン先を思わぬ高額で買取してくれるかもしれないからです。



PAGE TOP