• TOP
  • » 純金カード買取金額と重量の関わり

貴金属の買取処分方法

純金カード買取金額と重量の関わり

純金カードの買取値に重量は関係するのか

インパクトのある名刺を作りたいと考える人に人気なのが、純金でできた名刺、純金カードです。そして、このカードは、ラミネート加工がされていますが、内側は純金で出来ている為、金としての価値もあり、必要なくなれば、金として買取をして貰えるという特徴もあります。

純金カード買取の際に重要になってくることの一つが、重量です。薄いものの為、それ程、重量はないと考えてしまうかもしれませんが、買取の値段を決める際には、純金カードの重量が重要になってきます。

純金カードには、0.5gと1gのものがあります。更に大きなタイプになれば、サイズに合わせて重量も増えていくことになります。そして、買取の査定を行なう際は、この重量が重要になってきます。

純金カードは、99.99%、ほぼ純金で出来ており、査定の際は、24金の相場で計算していくことになります。そして、そこにグラム数をかけて計算をしていきます。例えば、24金の買取相場が4,800円で、カードが0.5gであれば2,400円、1gであれば4,800円となります。

ただ、買取の際には、目減りや手数料として、何割か引かれることになります。ですから、相場と重量で計算した場合、4,800円の価値があっても、3割程度、手数料などで引かれた場合、3,360円程度の値段となります。ただ、一般的な名刺の場合、必要がなくなった場合、普通に捨ててしまうことしかできません。

それに対して、純金カードの金の価値というのは、いつまで経っても変わることはありません。更に、金相場というのは、日々変動しています。ですから金相場が高いタイミングで手放せば、それにより、意外な臨時収入に繋がることになります。必要のない純金カードは、金相場と重量で計算をして買取をして貰うことが出来ます。



PAGE TOP