• TOP
  • » 金杯の買取に鑑定書が関係する範囲

貴金属の買取処分方法

金杯の買取に鑑定書が関係する範囲

鑑定書の無い古い金杯でも買取は可能なのか?

金の魅力はその素材自体に大きな価値があるという点にあります。例えば金杯は記念品などとして贈呈されるものですが、鑑定書が付属するケースが多くあります。もしもそれを無くしてしまうとの金杯工芸品としての価値を証明できなくなりますので、一定の買取価値を落としてしまうことになります。

従って古物商等での金杯買取においてはその金額を大きく目減りさせてしまうことになるでしょう。しかしその貴金属としての金の買取価値までも失われることはありません。

何らかの記念品として金杯が送られる様なケースがありますが、この様な金の工芸品には鑑定書が付くのが一般的です。これはその工芸品の品質保証をする目的のものであり、価値を安定させるための役割を果たします。

しかしこの様な鑑定書を無くしてしまうと金杯の工芸品としての価値は揺らいでしまい、買取などで価値を落としてしまうことになるのです。再度何らかの鑑定書を作ることも出来ますが、それにはコストがかかりますので実質的に価値を毀損することになるでしょう。

しかしそのような状態になったとしても金と言う貴金属としての価値には何の変化もありません。例え金杯を落として壊してしまったとしてもその貴金属としての金の価値は変動しないのです。

この様に金属としての価値を鑑定して買取をする業者もいますので、価値が0になることが決してないのが金製品の特徴であると言えます。この様な業者の場合には買取った金は溶かして地金にするという流れを辿ることになります。

そのため買い取る段階での金製品がどのような状態であるかと言うことは殆ど影響が無いのです。影響があるとすれば品質であり、金杯が純金であるのか18金であるのか、それ以外なのかで相場が全く違うのです。その様な品質が分かれば買取は可能です。



PAGE TOP