• TOP
  • » フレームの歪んだメガネの買取について

貴金属の買取処分方法

フレームの歪んだメガネの買取について

フレームの曲がった金のメガネでも買い取ってもらえるのか

メガネフレームというのは、曲がってしまうと、もう使えないと考えてしまう人は少なくないでしょう。ですが、曲がったり、変形してしまっても、素材が金であった場合は、買取をして貰う事が可能です。

実際に、曲がったメガネフレームを買取して貰いたいと考えた場合、金の価値を評価してくれる業者を選ぶ事が大切です。リサイクルショップなどでは、壊れた物は買取って貰えませんが、素材が金であれば、金買取業者に持ち込めば査定対象となります。

実際に、曲がったメガネフレームを金買取業者に持ち込んだ場合、金の純度と、金の純度に合わせたその日の金相場、そして重さによって、査定額を計算していきます。この際、レンズ、そして鼻あてや耳あて等、金ではないパーツは取り外して査定を行なう事になります。

ですから、メガネフレームを査定に出す前に、大体の値段を知っておきたいと考えた場合、金で出来ていない部分の重さについて意識しておく事が大切です。そして、査定の際に重要になってくる事の一つが、金の純度です。

純度は、刻印等があれば確認可能ですが、刻印等がはっきりとしない場合などは、そのまま持ち込みをすれば、業者の方で比重等を確認し、金の純度を調べてくれます。

メガネフレームというのは20g前後が多く、その日の金の相場が3,500円であれば70,000円程度となります。ただ、ここから目減りや手数料を引かれる事になります。目減りや手数料は、業者によって設定が様々ですが、30%引かれた場合、49,000円程度となります。

メガネのフレームというのは、一般的なアクセサリーよりも重さがある為、意外と高く買取をして貰える事が特徴です。曲がった金のメガネフレームがあれば、まずは金買取の査定に出してみる事がお勧めです。



PAGE TOP