• TOP
  • » お茶碗の買取に木箱が重要となる理由

貴金属の買取処分方法

お茶碗の買取に木箱が重要となる理由

木箱付きのお茶碗を買取業者はどこを見て値段を判断するのか

家にある骨董品がどの位の金額になるのかというのを知りたいという事があると思います。お茶碗も物によって金額が全く違いますが、買取業者は木箱があるかどうかでその商品を判断する事もあります。

木箱があるかないかが買取査定額に大きな差が出てくるのです。

お茶碗の入っていた木箱は邪魔になるからといって処分をしてしまいがちですが、そのお茶碗の価格を判断する基準になる物であり、そのお茶碗を良い状態で保管することができる役割でもあるので、日頃から家に保管しているお茶碗は木箱に入れておき、定期的に状態を見るなどしておくと良いでしょう。

骨董品の買取基準はとても難しく、良い商品は本物なのかどうかという見極めもとても難しい所でもあります。骨董品を買取る業者が査定をする時に基準にするのが木箱の有無です。あるのと無いのでは査定額に違いが出てきます。

中のお茶碗の商品や状態も大切な事ですが、木箱にあるサインや箱があるかどうかで判断をする事になります。骨董の好きな人は箱を大切にとっておくという事もありますが、どうしても箱は場所を取るので処分をしてしまいがちになります。

その商品を大切に保管をする事ができる物や証明をする事ができる証明書が入っている事もあるので、購入をした時の状態で大切にとっておく事が買取査定額をアップさせる方法の一つになります。骨董品は割れたりヒビががいってしまえば価値も下がってしまいます。

いい状態を保って置くことが大前提になりますが、木箱があるかどうかや書類があるかどうかも買取査定の基準になってくるので大切にしておかなければなりません。骨董品は本物や偽物の見極めが難しい物でもあります。

家にある骨董品を査定してもらう時は、良い状態を保っている事と木箱、そしてお茶碗も付属している物を全て整えて査定をしてもらうと高額に買取査定額が出る事が多いのです。



PAGE TOP