• TOP
  • » 不要になった鍋の処分方法はさまざま

不要品の買取処分方法

不要になった鍋の処分方法はさまざま

鍋はごみとして処分できますごみの種類・回収日は自治体に確認しましょう

鍋は、たいてい不燃物として出すことができます。もちろん、処分方法は地域によって違ってきますので確認が必要になります。また、不燃物になると可燃物のように毎週処分できない地域も多数あるものです。

必ず自分の自治体などに確認をして回収日などを確認する必要があります。気を付けるべき点としては、鍋が何でできているかをきちんと確認する必要があるということです。

例えば、アルミはくできているものや、陶器でできているもの、土鍋、ホーローのものなどいろいろあります。そのため、処分する際には何でできているかをきちんと確かめてから捨てることが大切です。何でできているかによって、捨てる方法や捨てる曜日も違ってきますので、注意が必要です。

鍋を処分する際には、その鍋が何でできているかをきちんと確認する必要があります。何でできているかによって、処分方法も捨てることのできる曜日も違ってくるからです。地域にもよりますので確認は必ず必要になってきますが、アルミはくでできたものはたいてい、燃えるものとしてごみに出すことができます。

しかし、陶器でできたものなどは燃やせないごみとして出すことになります。その場合は、新聞紙などに包み、必ず品名を記入する必要があるのです。また、ホーローのものやアルミ製や、スチールのものは金属類として捨てることになります。

少し大きめになると粗大ごみの扱いになるためきちんと自分の住んでいる自治体に確認することが必要になります。また、鍋のフタも種類を確認する必要があります。

ガラス製のものは金属類となるため燃えないごみとなります。どのごみになっても、捨てられる日や何ごみとして出すのかなど種類によって変わってくるので、事前の確認は必要になってきます。



PAGE TOP