• TOP
  • » 照明器具の処分時は素材に気を付けて

不要品の買取処分方法

照明器具の処分時は素材に気を付けて

要確認!照明器具はの処分方法は自治体によって異なります必ず確認しましょう

照明器具は定期的な買い替えが必要とされる家電製品です。ある程度の年数が経過すれば、蛍光灯の場合は安定器などが劣化するため、新しいものを買う必要が出てくるのです。分からなくて困るのは、照明器具の処分方法です。

これは自治体ごとに対応の仕方が違うものです。蛍光灯の場合は、器具本体に加えて蛍光管や電球型蛍光灯などが取り付けられています。本体は普通のごみとして捨てられる場合でも、蛍光管などは別の処理が必要になることが多いのです。

照明器具とはいっても、実に多くの種類があります。大きさも電球の種類も違います。器具ごとに処分方法が違う場合もあるものです。頻繁に買い替えをするものではありませんから、処分をするときには情報収集をしっかりと行う必要があります。

蛍光灯には水銀が使われているものがありますから、扱いには注意が必要です。そのため、蛍光灯つきの照明器具を処分するときには、蛍光管は家電量販店などで引き取ってもらったほうが便利です。大抵の大型家電量販店では、不用になった蛍光管を引き取ってくれます。

店舗の入り口に回収箱があるのが普通で、客が家から持ち込んだ蛍光管を入れることができる仕組みです。蛍光管を取ったあとの照明器具は、自治体によっては通常のごみとして出せる場合があります。これに関しても自治体ごとに回収方法は大きく異なる場合があります。

照明器具の処分方法が分からなくて困ったときには、地元役場に問い合わせをすることが大切です。役場へ行けば、照明器具の種類ごとの処分方法を丁寧に教えてもらえます。一度覚えてしまえば、後は簡単に対応ができます。

蛍光管やLED電球に関する処理方法についても知ることができます。地域の環境を守るためにも、ごみの処理方法について熟知していることはとても大切なことです。



PAGE TOP