• TOP
  • » 掃除機の処分方法は自治体ごとのルールで

不要品の買取処分方法

掃除機の処分方法は自治体ごとのルールで

掃除機は不燃物または粗大ごみとして処分できます自治体に確認しましょう

壊れたり不用になった掃除機は、リサイクルショップなどで売ることもできますがごみとして処分することもできます。では、どういうごみに分類されるのか知っているでしょうか。

もし、仮に実家や以前住んでいたところで捨てた経験があるとしても、それはあまり参考になりません。なぜなら、自治体によってごみ処理のルールはかなり違うからです。たとえ隣り合った自治体でも違います。

大別して、掃除機は不燃物として処分する自治体と粗大ごみとして扱う自治体の2種類に分かれています。ごみとして捨てるつもりなら適当に捨てたりせず、今住んでいる自治体がどういうルールを採用しているかをちゃんと知ったうえで、正しい方法で掃除機を処分しましょう。

まず、自分の住む自治体で掃除機の処分がどう取り扱われているかを知る必要があります。自治体のホームページを調べたり、役所に直接尋ねる、近所の住民に聞いてみるなど方法は色々あります。他にも、ごみの分別について図解したチラシを配布している自治体も多いです。

掃除機を不燃物として処分する場合は、一般的なごみと同じく指定されたごみ袋に入れて指定された場所に出しましょう。また、サイズなどに制限のある自治体もあり、該当する地域であればきちんとサイズを計測し、必要であればホースを外してコンパクトにするなどしてから出しましょう。

掃除機は粗大ごみだという自治体なら、大抵は事前に申し込んで処分費用を払う必要があります。数百円程度が相場で、引き換えに粗大ごみであることを示すシール類を渡され、それを貼って指定場所に出すのが一般的です。なお、これらは良くあるルールに基いていますが、個々の自治体の掃除機処分ルールに優先するものではないので注意してください。



PAGE TOP