• TOP
  • » チャイルドシートの処分時に考えられる方法

不要品の買取処分方法

チャイルドシートの処分時に考えられる方法

チャイルドシートはオークションで処分も思わぬ梱包の苦労

チャイルドシートは使わなくなった場合処分すればいいのですが、状態が良ければ処分するのは少しもったいないものです。また、チャイルドシートは高価なものですので簡単に捨ててしまうのに抵抗がある方もおられると思います。

そんなときに便利なのがオークションです。オークションですと、次に必要な人の役に立ちますし、捨ててしまうよりも有効活用できます。しかし、気を付けなければいけないのは落札された後発送する際の梱包方法です。

チャイルドシートは高価なものですし、梱包方法が適当だったり簡単だったりすると、送っている最中に壊れてしまいトラブルとなる恐れがあります。そのため、梱包はきちんと丁寧にすることが必要になってきます。

チャイルドシートがオークションで落札されたら、きちんと梱包をして発送しなければいけません。とても高価なものですし、壊れやすいものでもあるため慎重に扱うことが大切になってくるのです。発送の際の梱包は大変ですが、状態がきれいであれば、処分するよりもオークションの方がおすすめです。

処分するのにも大きなものになるのでお金がかかる場合があります。それでしたら、オークションで売れる方が絶対にお得です。チャイルドシートを発送する際には、必ずエアキャップで包む必要があります。

エアキャップで包む場合も必ず二重にして包むことが必要です。二重にしなければ、衝撃に耐えられない可能性もあるからです。そのあとは、段ボールに入れます。

その段ボールも、チャイルドシートの大きさに合わせて加工し、ガムテープなどで貼って中がぐすぐすにならないように注意することが必要です。また、チャイルドシート出品前には、きちんとクリーニング済みなのかどうか相手に伝えておかなければトラブルの元になる可能性もあります。



PAGE TOP