• TOP
  • » カーペットをただ処分する以外にできること

不要品の買取処分方法

カーペットをただ処分する以外にできること

カーペットの処分と再利用の方法について

カーペットの寿命は、お手入れの方法によっても変わりますが、毛がペッタンコで洗濯しても汚れが取れなくなった時が処分時です。引越しなどによって使わなくなった敷物やじゅうたんは、再利用する方法もあります。カーペットをゴミとして捨てるには、燃える粗大ゴミの日に出します。

処分に費用がかかるか無料かは、自治体によって違うので、確認する必要があります。小さめの敷物やラグの場合、普段のゴミ袋に入るサイズに切って捨てる事もできます。使用感の少ないじゅうたんは、リサイクル店に持ち込んだり、ネットオークションで売って処分する方法があります。

その際は、洗濯や日陰干しなどをして、美しい状態になるように心がけます。カーペットを再利用して小さめサイズのラグを作る事もできます。輪郭に細長い布をミシンで縫いつけて覆えば、お好みのサイズの敷物が作れます。

カーペットの処分方法は、一般的に可燃性の粗大ゴミです。自治体が指定した収集日まで、自宅の物置や押入れに保管して捨てます。普通の燃えるゴミに出す場合は、20cm~30cm四方に解体します。床に新聞紙を敷いて、手には軍手をはめ、布切りばさみで切断します。

カーペット片をまとめて出すと、ゴミ収集車の搬入口に引っかかって迷惑になる恐れがありますので、何回かに分けて出すと良いでしょう。あまり使用していないじゅうたんは、洗濯表示や取り扱い説明書の通りにお手入れしてから売る事が可能です。ブランド品や有名メーカーのものだと、買取り価格は高くなります。

ただ、カーペットのリサイクルショップは少ないので、ネットオークションで売るか、物々交換のサイト等で引き取り手を探すなどの方法が現実的です。もしお気に入りのカーペットで処分したくないなら、一部を再利用して小さめのラグを作りましょう。

用意するものは、布切りばさみと縁取り用の布とミシンです。縁取り用の布は、幅が広めのバイアステープでも可能です。生地が分厚くてミシンで縫えない場合は、ふとん針で手縫いして下さい。



PAGE TOP