• TOP
  • » 自転車の処分は車種も考えた方法で

不要品の買取処分方法

自転車の処分は車種も考えた方法で

不要の自転車は粗大ごみとして処分が可能事前に申し込み粗大ごみシール購入を

自転車は長持ちをする乗り物ではありますが、野ざらしにしておけば金属部分が錆びてしまいます。錆びてしまえば十分な機能を発揮できなくなるものです。そのため、数年に1回は買い替えをして、新車を買う場合が多くなります。新車を買うときには、古い自転車を処分しなければなりません。

非常に高価なマウンテンバイクであるなら、中古のスポーツバイク店で売却することも可能ですが、ママチャリなら廃棄するしかありません。処分をするときには、地元自治体の粗大ごみ回収を利用します。

最初に役場へ行って、処分のための費用を払うとシールをもらえます。このシールを自転車に貼り付けて、指定した場所に置いておけば、収集日に回収してもらえるシステムです。

スポーツタイプの自転車は、クイックリリース機能のおかげでタイヤを簡単に外して分解ができます。しかし、分解しても粗大ごみであることには変わりがありません。粗大ごみとして指定されている物ならば、小さく分解しても普通のごみとしては処分ができないのです。

方法がよく分からない場合は、地元の役場に出向いて担当者に相談をします。粗大ごみの回収に関しては、自治体ごとに対応が違うものです。料金も同じではありません。種類によって変わるものであり、事前によく熟知しておく必要があります。

自転車の処分は誰でも経験することですが、引っ越してきたばかりのころは分からないことも多いものです。役場の人に聞くだけでなく、近所の人にも相談をすることも有効です。

車に乗せることができれば、処分場まで直接に持ち込むことが出来る場合もあります。持って行けない場合は、役場でもらっておいたシールを自転車に貼って、粗大ごみの回収車に来てもらい、収集日に回収してもらうことになります。



PAGE TOP