• TOP
  • » 状態に合うやり方で本棚を処分しよう

不要品の買取処分方法

状態に合うやり方で本棚を処分しよう

本棚は粗大ごみです!美品ならばリサイクル業者が買い取りの可能性も

不用になった本棚を廃棄する場合、粗大ごみ扱いとなります。自治体の粗大ごみとして処分する場合は、大きさによって200円~3,000円前後の費用がかかります。自治体によって費用が違いますので、問い合わせてみると良いでしょう。

民間業者に依頼すると、すぐに引き取りに来てくれますが、費用はさらにかかります。安くあげたい場合は、自分で軽トラなどに積んで、処分場まで持っていくと1,000円程度になります。

また、分解して小さくまとめると費用は格段に安くなります。もし、見た目がきれいで、まだ使えそうな場合は、リサイクル業者で買い取ってもらうという方法もあります。仮に、二束三文だったとしても、手数料がない分、他で処分するよりもお得です。

本棚を自治体の粗大ごみとして処分する場合、サイズによって手数料が違ってきます。そのため、そのまま出すのではなく、小さく分解してから出すと良いでしょう。組み立て式の棚であれば、ドライバーでねじをはずせば、簡単に元のバラバラの状態に戻すことができます。

小さなパーツは燃えるごみとして出すこともできます。大きな棚でも、のこぎりで切断が可能であれば、切断して小さくすると良いでしょう。手間をかけたくない方や時間がない方は、費用は一番かかりますが、民間のごみ処分業者に引き取ってもらうのが簡単です。

悪質な業者もいるので、費用がはっきりしている業者を選ぶようにしましょう。また、きれいな本棚であれば、リサイクル業者に買い取ってもらうことは可能です。特に家具を多く扱っているようなリサイクル業者を選ぶのがコツです。

持ち運ぶことができない場合は、電話一本で出張買取を行ってくれるリサイクル業者も多いので頼んでみると良いでしょう。



PAGE TOP