• TOP
  • » 空気清浄機の処分時に注意したいこと

不要品の買取処分方法

空気清浄機の処分時に注意したいこと

処分の前に確認を|空気清浄機のゴミの種別はサイズや自治体によって異なります

お部屋の空気を綺麗にする為にも役立つ空気清浄機ですが、不要になって処分する時にはきちんと捨て方を確認しておく事が大切です。

不要になった空気清浄機のサイズやお住まいを管轄している自治体によって捨て方は違っていますので、自己判断で捨ててしまわないように注意する必要があります。

安易に捨ててしまうと回収されずに残ってしまったり、ゴミステーションを利用する他の方の迷惑になってしまう事もあります。

その為、処分方法に迷った際には管轄の自治体に相談し、どういった種別で捨てれば良いのかを確認しておく事が大切です。因みに空気清浄機を処分する際の種別として考えられるのは、粗大ゴミ、もしくは燃やさないゴミが挙げられます。

空気清浄機を処分する際には正しい方法で捨てる必要がありますが、捨て方の一つとして考えられるのが粗大ゴミです。特に大型サイズの場合は粗大ゴミとして出す必要がありますので、自治体に連絡をして回収を依頼する必要があります。

因みに不要品回収業者を利用して処分するという手もありますし、中には無料で回収してくれる業者もありますので、粗大ゴミの収集費用を節約したい時には活用してみるのも良いのではないでしょうか。空気清浄機のサイズによっては燃やさないゴミとして出す事もできます。

燃やさないゴミの場合は指定袋に入れて出すだけとなっていますので、燃えるゴミのように手軽に捨てる事ができます。因みに不要になった空気清浄機によっては分解して小さくする事ができます。

燃やさないゴミの指定袋に入る位のサイズにする事によって、粗大ゴミとして処分せずとも燃やさないゴミとして捨てられる事もあります。その為、費用を節約したい時には分解してみるのも良いと言えます。



PAGE TOP