• TOP
  • » 宅配買取と出張買取

不要品の買取処分方法

宅配買取と出張買取

_shared_img_thumb_max16011508-2_TP_V

「宅配買取」と「出張買取」、どちらも自宅に居ながら買取ができる便利な方法です。

言葉だけを聞くと違いが今ひとつ分からない…という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、宅配買取と出張買取を比較してみました。

【申込】

宅配買取は、宅配便(宅急便)を使って、業者の事務所や倉庫へ買取する商品を送ります。ほとんどの業者が事前に申込を行う必要があり、申込用紙や身分証のコピーなど、必要な書類を準備して一緒に送る必要があります。商品の詰め方なども指定されていることがありますので、買取業者のサイトやカスタマーサポートセンターに確認をします。

一方で出張買取は、業者へ電話・メールで依頼して、まずは自宅へ来てもらう必要があります。こちらも身分証等が必要ですが、業者へ提示して番号などを控えられることになります。

【査定】

宅配買取では、商品は業者の事務所や倉庫に届いてから、査定が開始となります。
事務所には多くの場合、専門スタッフが常駐し、経験を積んだスタッフが全国から届く多数の商品を見積りしている為、買取金額は安定していることが多いようです。
事前に見積りが可能な買取業者もありますが、現物と業者の開示した商品が実際には別の物だったり、傷など使用状況によっては満額の回答とならない為、あくまで業者が直接現物を見て金額は決定されます。

一方で宅配買取では、自宅へ訪問できるエリアを担当するスタッフが査定を行いますので一日に査定できる数も限られ、経験という面では絶対的に少なくなります。
またその地域の相場が、買取金額の基準となることから、全国を相手にしている宅配買取と比べると、どうしても買取金額は全体的に低くなる傾向があります。
現物を見て最初から見積りが取れるので、納得できなかった場合にはその場で断ることができます。

【入金】

宅配買取では通常、買取金額は「本人名義の銀行口座」への振込となります。
もちろんゆうちょ銀行もOKです。代理人が申し込んだりすることはできません。
買取金額へ承諾した2,3日後に振り込まれることが多いようです。
しかし銀行口座といえば重大な個人情報ですから、これを業者に教えることに抵抗を感じる人も居るようです。

出張買取はその場で現金買取が標準的です。しかし最近は買取に関してもクーリングオフが適用されることになった為、買取承諾後に銀行振込で支払う業者も増えているようです。それを考慮しても、発送するタイミングなどにもよりますが宅配買取よりも早くお金を受け取ることができるでしょう。

【キャンセル】

宅配買取では一度買取金額に承諾すると、キャンセルすることはできません。
クーリングオフの適用外です。代金を受け取っている・いないは関係ありません。
法律で買取金額に同意した時点で、送った商品の所有権は買取業者に移っているからです。
買取金額に承諾せず、否認をすることもできます。しかし多くの業者は返送の際の送料は客負担、としていることが多いため、高額な宅配便送料を支払う必要があります。
一般的にみかん箱ほどのダンボールを大阪から東京へ送ると、1箱で1,500円ほどはかかります。送る時は着払いなので意識することがない送料ですが、キャンセルとなると大きな負担になってくるので注意が必要です。

一方で出張買取は訪問販売と同じクーリングオフが可能です。「押し買い」と言われる手法で、半ば脅迫的に買取をしてしまう悪質な業者が現れたため、後からキャンセルすることが認められたのです。キャンセルが可能なのは契約から8日間ですので、注意しましょう。

【その他】

宅配買取ではダンボールの手配(無料で提供する買取業者もあります)、商品の梱包、宅配便での発送など、普段なかなか馴染みのない作業を自分で行う必要があり、ハードルに感じる人も少なく有りません。
また、各社サービスの内容は様々で、先ほど挙げたダンボールや梱包資材を無料で提供してもらえる会社もあれば、全て自分で用意する場合、ダンボールが有料の場合など、一度他の会社を利用したからと言っても注意しなければならないポイントも多いのが実状です。

出張買取では基本的に自宅で時間まで待っているだけなので、自分で用意することはほとんどありません。宅配買取業者は一日に複数のお客さんを回って買取をしているので時間は予め調整して、前のお客さんの時間が押したりすると来る時間が遅くなったり、と時間の制限や不自由もあったりします。アダルト系やマニアックなものを売るときや、一人暮らしの女性は部屋の中に買取業者を入れることに抵抗感もあるでしょう。

【トラブルを防ぐために】

宅配買取でも出張買取でも、いずれのケースにおいても「詐欺」を行う業者は存在します。
悪意で詐欺行為を行っている業者には注意が必要です。
買取業者は古物商の免許が必要ですので、古物商の番号がサイトに提示されているかどうか、まずは確認しましょう。
古物商を取得していない、サイト上に掲載していない場合は、高確率で詐欺、少なくとも違法な状態で操業している業者ですので、絶対に利用してはいけません。

ネットの書き込みなどを見ていると、自分の条件や思ったサービスと違った等の理由で業者を「詐欺」呼ばわりしているケースも見かけます。

・送料無料とあったのに、送料を請求された→買取業者指定の配送業者ではなかったり、指定の方法ではない方法で発送していた。

・高額買取とあったのに、安かった→現物で値段は決まります。サイト上の買取金額は上限、目安と考えておきましょう。またキャンセル時の送料負担がない業者など、リスクがない業者を選定しましょう。

・なんの連絡もなく気づいたら振込されていた→優良な業者であればメールや電話で必ず何らか連絡を行ってきます。迷惑メールフィルタを解除していなかったり、知らない電話番号からの着信で折り返ししなかったりしていませんか?また、業者によっては自動的に振込するサービスを提供していることもあります。申込の際には十分確認して申込しましょう。
買取業者のサービス内容や得意・不得意は千差万別ですから、必ず事前に不明な点について確認をとってからサービスを利用するように心がけましょう。

宅配買取を行っている業者

・ブックオフ、コメ兵、ブランディア、ゲオなど

出張買取を行っている業者

・ブックオフ、高く売れるドットコムなど



PAGE TOP