• TOP
  • » メルカリ仕様変更!宅配買取利用のメリット増か?

不要品の買取処分方法

メルカリ仕様変更!宅配買取利用のメリット増か?

メルカリは11/14サービスの仕様変更を発表しました。
「本人確認の強化」「売上金の取扱い変更」です。

超!カンタンだったメルカリの取引でしたが、逮捕者も出るほど不正や犯罪につながる取引が増加していました。

本人確認が強化

これまでは携帯電話の電話番号でのチェックのみだったものが、住所、氏名、生年月日の登録を必須となります。

また、売上金の振込先も本人名義の銀行口座のみ、となります。

例えば親のスマホで未成年の子供が…といったケースでも、口座名義が違えば代金を受け取れなくなります。(家族名義の口座を除く)

これにより盗品や犯罪目的の出品を防ぐ目的があるとのことです。

売上金の扱いが変更

メルカリでは売上金で出品されている商品を購入できるのも、大きなメリットでした。
また、期限も1年ありましたので、とりあえず貯めておく・キープ、という人も多いのではないでしょうか?

今回の仕様変更では、売上金で商品を購入することができなくなります。
購入する際は予め、ポイントに交換する必要があり、ポイントに交換してしまうと振込できなくなってしまいます。

また、売上金の保管期間も90日と大幅に短縮されます。
なんと期間をすぎると消滅!してしまうとのこと。

せっかく売れたのに、忘れていると消滅していた、なんてことも起きそうです。

メルカリでは1万円未満の振込には振込手数料が発生することから、1万円になるまで貯めている人も多いと思います。

90日以内に1万円にならない場合は、手数料が重荷になりそうです。

メルカリの狙いは?

このように不便になるメルカリ。
その狙いは「株式上場」と言われています。
上場するとなれば、犯罪の温床となっているという指摘や、預かったポイントの取扱い等、警察や金融庁からの指摘もしっかりと対応していく必要があります。
便利なサービスですが、ちゃんと国のルールや方針には対応していく必要がありますね。

宅配買取のメリット増?

本人確認の強化や売上金の90日ルールなど、どうも不便になる印象が否めません。

これまでは本人確認の有無で大きく差を開けられていた宅配買取サービスですが、メリットが増える印象です。

メルカリ(新)のデメリット
・個人情報の登録が必要★
・本人名義の口座でのみ受取★
・売上金は90日以内に引き出す必要がある
・1万円以下の取引は手数料210円必要
・振込は週1回(月曜日申請で金曜日振込)
・送料込の出品が推奨されている(出品者の送料負担)
・手数料が高い(売上の15%)
・1点ずつ写真を撮る
・1点ずつ発送を手配
・発送はコンビニなどに持ち込む必要がある(メルカリ便)
・売れるまで部屋は片付かない
・売れ残るものもある
・取引で購入者とトラブルになることもある

★印については、宅配買取も同じ条件です。

宅配買取のメリットとしては、
・買取代金の振込手数料は大半が業者が負担
・発送の送料は業者負担が多い
・まとめて色々送れる
・写真を撮る必要なし
・自宅への集荷サービスがある
・部屋が一気に片付く
・事前に買取金額が公開されているケースもある
・振込は買取成約当日~翌日
・梱包資材を提供している業者もある
・大手であれば業者とのトラブルは少ない

メルカリで売るのと変わらないものも

スマホやブランド品などは、15%の手数料と手間を考えると、メルカリよりも宅配買取が良さそうです。

例)iPhone X 64GB SIMフリーモデルの場合
メルカリ相場…125,000円 – 手数料15%(18,750円) – 送料(600円) = 入金額105,650円
リコマース買取価格…105,000円 = 入金額105,000円

なんと650円差!

たったの650円で、写真不要・送料無料・資材無料・集荷手配・すぐに支払い・トラブルレスとなれば、メルカリより宅配買取ではないでしょうか?

このようにグッと宅配買取も注目が集まりそうです。



PAGE TOP