• TOP
  • » 本間ゴルフのゴルフクラブの買取交渉

ゴルフクラブの買取処分方法

本間ゴルフのゴルフクラブの買取交渉

本間ゴルフのゴルフクラブ買取査定後の交渉に関して

本間ゴルフは数ある国内のゴルフクラブのメーカーの中で唯一、独自路線を歩んできたといえます。最近まで協会に属さず、ある意味職人気質を貫いてきた存在です。多くのメーカーの生産拠点が海外へ移っても、ここは自社工場で作り続けてきました。

国内にある高価格帯のゴルフクラブの中でもトップクラスで、一部を除き殆どを直営店で販売しています。値段に引けを取らない品質の高さを持つだけに、中古市場の買取価格も別格扱いです。また元値が何百万もするような別注のゴルフクラブセットなどもあり、査定後の交渉に応じる買取業者が多いようです。

コースで、一定以上の長い距離を打つ時に使うフェアウェイ用のゴルフクラブやドライバーのことを、ひと括りでウッドと呼びます。現在ヘッドに用いられている素材はチタンが殆どですが、初期の頃はパーシモンすなわち柿木でした。国内でゴルフ熱が高まる中、本間ゴルフは誕生し、美しいパーシモンを提供してきたことで、多くのツアープロやプレーヤーに支持されています。

その後名立たるゴルフクラブデザイナーや職人たちを排出しました。そして幾度かの返還期を経て創業者一族から経営が変わり、2010年に中国系企業の傘下に入っています。中古市場での買取価格には素材を含むそのものの価値と、人気が左右するのは常識です。

ゴルフクラブを処分する時には下取りとして買取に出し、新たな道具を買う人が多く、そんな時規模の安定した買取業者だと相場価格で引き取ってもらえて安心です。まず査定の申し込みをすると運送用の箱が届きますが、シャフトやヘッドなどはしっかり拭いて泥などを落としておきます。

専用のワックスやクリーナーなどで磨いておくだけでも随分、買取時に高評価になるようです。通常は数日後に振込になりますが、本間ゴルフのゴルフクラブの場合には交渉に応じてくれる買取業者も多く、問い合わせてみるとよいでしょう。



PAGE TOP