• TOP
  • » スマホの買取はデータの処分から

電子機器の買取処分方法

スマホの買取はデータの処分から

家に眠っているスマホを買取に出す時に気をつける事

機種変更したスマホ、家でそのまま眠ってはいないでしょうか。今はWiFi環境が整っていれば、前の携帯電話でもネットに接続して使うことができます。また、新しいスマホが故障したりという不測の事態に備えて予備として置いておく場合もあるでしょう。それでも、2台も3台も取っておく必要はありませんよね。使用しないスマホは買取に出してしまいましょう。まだ古くなっていない機種であれば思っているよりも高値で売れる場合もあります。そうそう高値がつかなかったとしても、日常的に使わない、場所を取るだけの物が数千円の現金になってくれるのなら、そちらの方が良いのではないでしょうか。

買取に出す場合に気を付けることは、アドレス帳や撮影した画像や動画、その他のデータをしっかり削除しておくことです。初期化して自分に繋がる個人情報が何も残っていない状態にしましょう。もしデータが残っていたとしても大抵は買取業者が削除してくれますが、個人的な画像などはできれば誰にも見られたくないもの。保存する画像は新しいスマホやパソコンに移すなどして、しっかりバックアップしてから削除するようにしましょう。

また、この時にセットしているSDカードなどの記憶媒体を取り出しておくことも忘れずに。本体からデータを消したつもりでも、SDカードには残っているかもしれません。SDカードは使い回しできるので、その点でも本体につけたまま売るのはおすすめできません。

そして、できるだけ高値を付けてもらうためにも、できるだけきれいな状態にしておきます。特別なことはできなくても、画面や本体をしっかり拭くことはそんなに手間が掛かりませんよね。また、箱や説明書などの付属物が残っているようなら、忘れずに出しておきましょう。

箱や説明書があるかないかは買取額にも関わってきます。新しいスマホを買った段階で買取のことを考えるのは難しいかもしれませんが、何かの時のためにも、付属品はきちんと保管しておくようにしましょう。

スマホ買取業者の口コミや評判はこちら



PAGE TOP