• TOP
  • » 古いFAXの買取はお得な処分方法

電子機器の買取処分方法

古いFAXの買取はお得な処分方法

FAXの古い機種を買取に出す際にチェックしておきたい査定ポイント

FAXは、家庭ではもちろんのこと、ビジネスの場でも非常に活躍する場の多いものです。以前の機種はリボンを用いて印字するものや、感熱紙を使用する物が主流でしたが、最近ではインクジェットを利用した複合機もそのシェアを伸ばしてきており、FAXから買い替えをするという人も多くなっています。

買い替えの際に不要となった古いFAXは、買取の対象になる場合も考えてみましょう。買取業者へ持ち込めば、臨時の現金収入として活用できる可能性があります。買取の前にはいくつかのチェックポイントも忘れずに。

FAXは多くの家庭に普及しているもので、最近の機種はインクジェットを利用した精細な印字が可能で、その機能は以前の古い機種に比べ大幅に向上してきています。新しい機器を購入する際、古くなってしまったFAXを捨ててしまうのももったいない話で、買取専門店で売却すれば中古品としてまだまだ価値のあるものも多くあります。

こうした古い機種を買取に出す際には、印字がはっきりとできるか、また現在の規格に対応した仕様になっているかなどを確認する必要があります。特にインクリボンなどの消耗品を使用する機種のFAXでは、そうした交換用の消耗品が現在でも問題なく入手できる年代のものかが重要となってきます。

作動に問題が無くても、廃盤となった消耗品が必要になる機器では、FAXの買取額もそれほど高いものにはなりません。こうしたことの確認が自分ではよくわからないという際には、電話やホームページ上で利用できる無料査定のフォームから備考として相談してみるのも良い方法です。

買取が可能なものであれば、その場でおおよその査定額を知ることができますし、本査定の際も、店頭まで持ち込まなくても宅配で査定を依頼することもできるので、遠方や忙しくて時間がとれないという人でも安心して利用できます。



PAGE TOP