• TOP
  • » 絶版になった理工書を買取に依頼してみる

の買取処分方法

絶版になった理工書を買取に依頼してみる

理工書の買取は絶版なら汚れていても高値がつくこともある

中古の書籍の中でも理工書は特別な価値がある場合もあります。書籍としての価値が高いものならば、汚れがついているようなものでも高額で買取がされる場合があります。すでに絶版されていて手に入れることができないような理工書は特に高額で買取されるものもあります。

理工書の場合には本自体の見栄えよりも中に書かれていることが重要視されているので、研究などに活かすことができる価値の高い書籍には、古いものでも高額の買取価格がついています。

理工書の売却をする場合には一般の中古書店に売却するよりも、そうした書籍を専門に扱っている書店で売却した方が高値で売却できることも多いです。理工書などは特に高い専門的な知識が必要とされるために、一般の中古書店では正しい価格で評価されないこともあります。

また理工書を専門的に扱っている中古書店の中には特に特定の分野の書籍に力を入れて買取をしているお店もあります。電気関係の書籍に精通しているお店や数学関係の書籍を多く取扱っているお店などもあります。こうした専門性の高い書店では、本の持っている価値をより正確に判断してもらえる場合も多いです。

特に買取価格に大きな差が出ることもあるのが絶版している書籍です。外側に汚れがついているようなものだと、一般の書店ではただ同然で買取られる場合もあり、また買取ってもらえないような場合もあります。ですが専門の書店ならば本の価値をより正しく判断できます。

著名な研究者によって書かれた本で、現在では入手が困難な書籍ならば思いもよらない高額の価格で買取価格がつく場合もあります。古いものでも戦前に書かれたような理工書ならば現存数が少ないために希少性があるので、高い価値があります。



PAGE TOP