• TOP
  • » 業界史専門の買取業者をあたってみる

の買取処分方法

業界史専門の買取業者をあたってみる

業界史の専門店なら社史も買取してくれることが多い

社史は、毎年200点ほどが発行されています。企業の主観により記された歴史書であり、興味深い内容を持つものも少なくはありません。また、一般書店での販売を前提としての制作も、20年以上も前から行われています。

このために、一定数愛好者が存在しており、業界史の専門店でも取り扱われています。通常の書物同様に買取も行われているので、需要の高い社史であれば良好な保存状況をキープしている場合には、高額買取査定につながる可能性もあります。

社史は、会社の歴史を書籍の形にしたものであり、創立50周年等の節目を記念して発行されるケースが多く見られています。会社が成長する過程が記されており、学術的歴史書として高い評価を得ているものも少なくはありません。

一般書店での販売を前提として製作されている場合は、読み物としての完成度も高くなっています。このために、業界史を取り扱っている専門店では、社史も買取の対象としています。査定のポイントとなるのは、保存状態や販売されてから経過した年数、在庫状況です。

商品として再度流通しなくてはならないので、それに対応できる状態にある事が条件となります。社史は、1年間に200点ほど発行されるので、年数が経過すると値打ちは下がってしまいます。これは、社史以外の書籍と同様であり、出来るだけ新しいほど高い評価が下される事になります。

そして、在庫状況も重要な要素です。既に、多数保有している様な場合は難しくなります。このために、専門店の選択も慎重に行わなくてはなりません。現在は、出張買取や査定のサービスを行っているケースも増加しており、事前に在庫状況を確認する事も可能です。人気の高い企業の新しい社史を良好な状態で保存している場合は、高額査定を期待できます。



PAGE TOP