• TOP
  • » 経済学参考書の買取は書き込みに注意

の買取処分方法

経済学参考書の買取は書き込みに注意

経済学の参考書は書き込みが買取不可の原因になることも

経済学等、様々な専門分野の勉強をする際には、それぞれの分野に特化した参考書を購入して書き込みをして覚えるということをする人は少なくありません。しかしそのような行為は本の価値を落とすことになり、一般的には買取不能な状態にしてしまいます。

書き込むことで得られるものもありますので、勉強をする上では推奨されますが、後々買取ってもらうことはできないと考えておきましょう。処分する場合には古書ではなく古紙としてリサイクルされることになります。
経済学など各種の専門の参考書はその道の勉強をしている人に購入されることがあります。その買取業者としては街中にある古書店の様な所が多くなっており、この様な古書店の多くは古書を新品同様の状態にして販売するというスタイルを貫いています。

そのため書き込みなど、新品ではあり得ない様な状態があまりにも多い場合には商品価値が0になってしまうということも少なくありません。それは経済学の専門書においても同様です。

後々の買取額を意識するのであれば、如何にその経済学の専門書を新品に近づけることができるかと言うことを考えて、保存方法にも気を遣いましょう。そのため勉強のために書き込みをしてしまった経済学の参考書というのは余程特殊なものでない限りは価値が0になってしまい買取してもらえないということが起きる可能性が出てきます。

もしも将来的に買取ってもらいたいと考えているならば、この様な行為によって、その経済学の参考書が古書としての価値を失ってしまうことになるので、注意しましょう。

なお、難関試験等に合格した人の経済学の参考書であれば、独特の価値が付き高額に買取ってもらえることが稀にありますが、これはまた特殊な話であると言えますので、例外的に考えるべきです。



PAGE TOP