• TOP
  • » 建築書の買取前に確認したいこと

の買取処分方法

建築書の買取前に確認したいこと

建築書の雑誌を買取業者に持ち込む時の注意点

専門書である建築書や建築雑誌は、発行部数が少ないものの一定の需要がある書籍です。また書籍にある内容も時間が経っても役立つものがあり、古本や古書でも専門書として役立てることができます。そのため古本や古書としても建築書の需要は高く、販売される価格も高めです。

一方で中古価格が高いということは買取価格も高値が期待できることになります。ただし、一般の古本屋ではそれほど建築書は価値がないと見做されがちなので、適切な業者を選ぶことで高値の売却が可能です。

書籍の多くは古本屋や古書店で売却を行うことが可能ですが、特に専門性の高い建築書や建築雑誌は、適切にお店を選ぶことで高値の買取が期待できます。これは建築書や建築雑誌は、もともと需要が少ない書籍のため発行部数が少ない一方で、建築業者や建築設計士などのプロからは、古くなっても需要の高い本ということが影響しています。

そのため購買層は比較的、新書に近い価格でも購入してくれるため古本の販売価格も高く、それにつれて買取の価格も高くなるというものです。しかし、建築書はどこで売っても高く買取ってくれるわけではありません。

一般の町の古本屋などでは専門性のある書籍は、需要がないためその価値は低めに見られますし、場合によっては引き取ってくれないこともあります。一方で建築書を専門に取り扱っている古書店や専門書籍買取店などでは実際の市場価格を見ながら値段を付けるので高値が期待できます。

特にインターネットで買取を行っているお店であれば、持ち込む前に本のタイトルやISBN番号を伝えることで、ある程度の価格を知ることができます。ただし、専門書籍といっても一般の書籍と同様に書き込みがあるものやページの欠落があるものなどは、買取を拒否される場合があります。



PAGE TOP